今日は2018年6月24日に阪神競馬場で行われる宝塚記念(GⅠ/芝2200m)の考察を進めます。

サトノダイヤモンド、サトノクラウン、ヴィブロス、キセキ、ステファノスなどが出走予定です。

ちょっとメンバー的に寂しい感じがするのは否めないですね。

馬券抜きで注目したいのはサトノダイヤモンドの復活があるかないかというところ。

あまり条件が合う印象はないですし、たぶん馬場が渋れば人気も落ちると思うのですが敢えてそこを狙うというのも選択肢のひとつとして考えています。

ここらでこの馬が結果を出せば秋はもっと盛り上がると思うんですけどねー。

というわけで、まず今日は過去10年の宝塚記念の結果から、好走馬の条件を探ってみます。

以下は過去10年の宝塚記念の勝ち馬のうち、ある共通点がある6頭です。



2017
サトノクラウン(3人気1着)

2016
マリアライト(8人気1着)

2015
ラブリーデイ(6人気1着)

2014
ゴールドシップ(1人気1着)

2013
ゴールドシップ(2人気1着)

2010
ナカヤマフェスタ (8人気1着)






結構人気薄も混ざっていますね。個人的にこの6頭の共通点は今年も無視できないなと思っています。

その共通点とはこちら

⇒人気ブログランキングへ

宝塚記念はスタートから最初のコーナーまでの直線が長いレース。


〈PR〉
【無料でお届け】
宝塚記念2018の徹底分析予想はこちら!
↓↓
プレミアム~極上投資馬券~