2018年6月10日、東京競馬場でエプソムカップ(GⅢ・芝1800m)が行われます。

ダイワキャグニー、サトノアーサー、サーブルオール、グリュイエール、ハクサンルドルフなど全16頭が出走。

今日はそのエプソムカップ2018の最終予想を書きます。



まず、予想を難しくさせるのが日曜の雨予報。

終日傘マークだが、レースまでにどのような馬場になるのか。

とりあえず重くらいまではいくと想定しておく。

本命はこの馬




◎マイネルフロスト

本命は大穴マイネルフロスト。

良馬場なら素直にダイワキャグニーから狙おうと思っていたが、この天候なら紛れに期待。

このレースのマイネル2頭出しはこれで3年連続。

2016
マイネルミラノ 柴田大 6人気3着
マイネルホウオウ

2017
マイネルミラノ
マイネルハニー 柴田大 6人気3着

2018
マイネルミラノ
マイネルフロスト 柴田大?着

府中1800の経験値なら丹内よりも断然柴田大知。よってマイネル2頭の実弾はこっち。昨年のこの時期、三戦連続で重賞3着内を記録した馬が休み明けとはいえ11人気に甘んじるなら、このレース得意の騎手に本命を託してみたい。



◯ダイワキャグニー

対抗はダイワキャグニー。

懸念は馬場のみ。先週のような良馬場なら迷わず◎だったが、ひとつ評価を落とした。

ただ、こういう1人気の馬に重賞で乗るときの横山典騎手はしっかり仕事をするイメージが強い。

余程馬場を苦にしない限り好走必至と見る。



⇒人気ブログランキングへ

単穴は●●●●●●●●。

この産駒は重い馬場がからっきしなタイプも多く、基本平坦の良馬場で狙いたい血統なのだが、稀にセイウンコウセイやこの馬のように不良馬場で力を発揮する馬も存在する。

馬場悪化ならここは是非狙ってみたい1頭。

なお、マーメイドステークスの最終予想はTwitterで公開します。

@jusho_blog



〈PR〉
【無料でお届け】
エプソムカップ2018の徹底分析予想はこちら!
↓↓
プレミアム~極上投資馬券~