今週は鳴尾記念2018の最終予想を書きます。

トリオンフ、トリコロールブルー、マルターズアポジー、サトノノブレスなど全11頭が出走します。


開幕週ということで、マルターズアポジーあたりを狙いたくなるんですが、やっぱりこの馬今回より相手が強くても中山1800とかローカルでこそだと思うんですよね。

好きな馬ですが、今回はちょっと◎は打ちにくい。

全体的に小粒と言わざるを得ないメンバーで、正直狙いたいと思う馬がいないレース。

やや消去法気味にはなるが、◎はこの馬。




◎トリオンフ

本命はトリオンフ。

人気だがちょっと他に◎を打てる馬が見当たらなかったというのが本音。

前走と2走前はジョッキーのヘグリ。陣営も秋にはさらなる飛躍を期待している馬で、こんなところで足踏みするわけにはいかない。

鞍上ルメールで今回は確勝を期しての参戦。

5〜3走前の走りから能力は本物で、この頭数なら言い訳できない。

最も勝ちに近いのはこの馬だろう。


◯トリコロールブルー

実績は劣るが勢いあるトリコロールブルーが対抗。

少頭数が最もプラスに働くのが、末脚確かなこの馬だろう。

上がり最速で連勝してきた内容も良く、今回の相手なら重賞でも通用する。



⇒人気ブログランキングへ

単穴は実績の割に人気がないこの馬。

勝ち方に派手さはないが、実はこの馬が今までの戦績で最も2着以下を離して勝ったのが今回と同じ阪神内回り2000mという条件。

内回り向きの機動力は血統的にも裏付けあり。スムーズに先行できればしぶとい。

本番は次以降だとしても、この人気なら強気に狙いたい。



以上、鳴尾記念2018の最終予想でした。

安田記念2018の最終結論は土曜深夜に更新予定です。

〈PR〉
【無料でお届け】
安田記念2018の徹底分析予想はこちら!
↓↓
プレミアム~極上投資馬券~