今日も引き続き過去10年の安田記念のデータから、予想分析を進めていきます。

昨日の記事で書いたとおり波乱傾向が強いレースなので、今日は人気で凡走してきた馬の共通点を探っていこうと思います。

当然人気薄がバンバン走ってきたレースなので、人気を裏切ってきた馬も多いです。



以下は、過去10年の安田記念で人気を集め凡走してきた馬たちです。

ある共通点があります。


2017

エアスピネル(2人気5着)


2016

リアルスティール(2人気11着)


2015

ミッキーアイル(4人気15着)


2013

カレンブラックヒル(4人気14着)


2012

サダムパテック(1人気9着)


2011

アパパネ(1人気6着)


2010

リーチザクラウン(1人気14着)






勘の良い方はすぐわかったと思いますが、これら全て4歳馬です。

過去の傾向からは、古豪が強く、4歳馬は壁に跳ね返されるレースです。

斤量が58というのも少なからず関係している気がするんですよね。

ほとんどの4歳馬がこのレースで初めて58を背負いますからね。

そして今年は例年に比べてかなり4歳馬が多く、上位人気を占めそうです。

まあ、これだけ多いと4歳総飛びはなさそうですが、過去の傾向からいくと4歳勢が馬券圏内を占めることもないと思うんですよね。

ほぼ確実に人気して凡走する4歳馬が出てくるはずです。

で、最後にそんな4歳勢の中から買いだと思っている馬を1頭紹介します。

この馬

⇒人気ブログランキングへ

あれこれ過去の傾向やデータを分析しても、結局予想でいちばん大事にしているのはレース映像を見ることです。

この馬の前走は相当強かったと思いますよ。

〈PR〉
【無料でお届け】
安田記念2018の徹底分析予想はこちら!
↓↓
プレミアム~極上投資馬券~