今年の安田記念、実はもうほぼ本命は決めています。

3年連続で当てている得意レースなので期待してください。

これから客観的なデータ分析を怠らずにしっかりやって、より的中の確率を上げていきます。

今日は過去10年のタイムに注目しました。



東京競馬場で行われるGⅠ安田記念(芝1600m)。

先週の馬場を見ても、天気が崩れなければ速い時計での決着が予想される。

過去10年の安田記念で1:31〜32秒と速い時計で決着したレースは計6回。

まず、その6回で好走した馬を10頭紹介します。


2017

サトノアラジン

レッドファルクス


2015

ヴァンセンヌ

クラレント


2013

ロードカナロア


2012

ストロングリターン

グランプリボス


2011

リアルインパクト

ストロングリターン


2010

スーパーホーネット




これら10頭にはある共通点が。

ちなみに人気が予想されるスワーヴリチャードとペルシアンナイトは当てはまりません。

今の東京競馬場の馬場なら、頭に入れておいて損はない条件です。

その共通点とはこちら

⇒人気ブログランキングへ

2018年の安田記念は波乱の匂いがします。

〈PR〉
【無料でお届け】
安田記念2018の徹底分析予想はこちら!
↓↓
プレミアム~極上投資馬券~