天皇賞(春)の最終予想です。

◎シュヴァルグラン

結局一番人気が本命かよ、と言われそうだがこの馬が単勝3倍つくなら素直にこの馬で良い。

この距離なら現役最強。個人的には3着に敗れた京都大賞典の内容を高く評価している。(どのへんを評価してるかは今回省略)

とにかくこの馬がこのメンツで3着を外すことはほぼ無いと思う。自信の◎。本線は単勝。

○カレンミロティック

推奨理由は週中の記事通り。

10歳という年齢で安易に切るのはやめた方がいい。この馬は春天の鬼。

▲ガンコ
乗れている藤岡佑の積極策がハマる可能性アリ。最近の騎乗ぶりを見るとこの条件は信頼できる。枠も絶好、馬も力をつけている。

やはりラチ沿いを走れる可能性が高い馬から狙うのがこのレースの定石。ただしシュヴァルグランは例外、このメンツなら一枚抜けている。

◎の単勝と◎~印へ馬連、ワイド。